スタイルシートリファレンス > text-autospace

スタイルシートリファレンス text-autospace


text-autospace 表意文字と非表意文字の間隔を指定する (IE5)

表意文字(日本語など)と非表意文字(アルファベットなど)の間隔を指定します。

none
間隔を空けない:規定値
ideograph-alpha
表意文字と非表意文字の間に間隔を入れる
ideograph-numeric
表意文字と数字の間に間隔を入れる
ideograph-parenthesis
表意文字と半角括弧の間に間隔を入れる
ideograph-space
表意文字に隣接するスペースの幅を拡げる

▲ページ先頭へ

使用例 text-autospace

HTMLソース

<html>
<head>
<title>CSS テスト</title>
<style type="text/css">
<!--
.smp1 {
text-autospace: none;
}
.smp2 {
text-autospace: ideograph-alpha;
}
.smp3 {
text-autospace: ideograph-numeric;
}
.smp4 {
text-autospace: ideograph-parenthesis;
}
.smp5 {
text-autospace: ideograph-space;
}
-->
</style>
</head>
<body>
<p class="smp1">
あaいbうcえdおe<br>
あ1い2う3え4お5<br>
あ()い()う()え()お()<br>
あ い う え お
</p>
<p class="smp2">
あaいbうcえdおe<br>
あ1い2う3え4お5<br>
あ()い()う()え()お()<br>
あ い う え お
</p>
<p class="smp3">
あaいbうcえdおe<br>
あ1い2う3え4お5<br>
あ()い()う()え()お()<br>
あ い う え お
</p>
<p class="smp4">
あaいbうcえdおe<br>
あ1い2う3え4お5<br>
あ()い()う()え()お()<br>
あ い う え お
</p>
<p class="smp5">
あaいbうcえdおe<br>
あ1い2う3え4お5<br>
あ()い()う()え()お()<br>
あ い う え お
</p>
</body>
</html>

▲ページ先頭へ

ブラウザ上の表示


none(間隔を空けない)

あaいbうcえdおe
あ1い2う3え4お5
あ()い()う()え()お()
あ い う え お


alpha(日本語とアルファベットの間に間隔を入れる)

あaいbうcえdおe
あ1い2う3え4お5
あ()い()う()え()お()
あ い う え お


numeric(日本語と数字の間に間隔を入れる)

あaいbうcえdおe
あ1い2う3え4お5
あ()い()う()え()お()
あ い う え お


parenthesis(日本語と半角括弧の間に間隔を入れる)

あaいbうcえdおe
あ1い2う3え4お5
あ()い()う()え()お()
あ い う え お


space(日本語に隣接するスペースの幅を拡げる)

あaいbうcえdおe
あ1い2う3え4お5
あ()い()う()え()お()
あ い う え お



▲ページ先頭へ

関連項目【テキスト】

text-indent
インデント幅を指定する
text-align
テキストの配置を指定する
text-justify
均等割付の形式を指定する (IE5)
text-decoration
テキストの装飾を指定する
text-underline-position
下線の表示位置を指定する (IE55)
text-shadow ※
文字に影をつける
letter-spacing
文字の間隔を指定する
word-spacing
単語の間隔を指定する
text-transform
大文字・小文字表示を指定する
white-space
空白・改行の扱い方を指定する
vertical-align
縦方向の揃え位置を指定する
line-break
禁則処理の種類を指定する (IE5)
word-break
文の改行の仕方について指定する (IE5)
text-autospace
表意文字と非表意文字の間隔を指定する (IE5)
text-kashida-space
アラビア語などの配置を最善化する (IE55)
word-wrap
単語の途中で改行するかどうかを指定する (IE55)
writing-mode
縦書きにする (IE55)

▲ページ先頭へ

スタイルシートリファレンス > text-autospace